住宅ローンお役立ち情報

若者の経済的余裕、アジア10カ国で最低

「若者8割 生活に余裕
  インドネシアなど3カ国
  アジア10カ国調査
   2015年1月28日 日経新聞 1面」


「海外旅行 7カ国で首位
  所得向上で体験志向
  フィリピンなどでは自動車
   2015年1月28日 日経新聞 9面」


日本経済新聞社がアジアの主要都市に住む20歳代の大卒各200名
×10カ国で行った意識調査の結果です。

平均月収は

1位 シンガポール  約36万円
2位 韓国      約25万円
3位 日本      約22万円

過去一年に経済的余裕があったか、という質問に「ある」と答えたのは
中国、インド、インドネシアなどが8割を超えていたのに対し、日本は
25%と最下位でした。


今後3年以内に新たに買いたい製品・利用したいサービスでは、海外旅行が
人気があり、中国・インド・タイ・ベトナム・フィリピン・マレーシア・
韓国の7カ国で首位。

車やスマートフォンが1位になった国でも、海外旅行は2位にとなっています。


所得が向上し、欲しいものが「モノ」から「コト」にシフトしてきていると
見られています。

日本も、こうした需要を取り込んで「アジアで最も行ってみたい国」に
なれるといいですね。


海外旅行リゾート女性.jpg

ちなみに、日本人の「欲しいもの」回答では、

1位  スマートフォン
2位  国内旅行
3位  海外旅行
4位  パソコン
5位  タブレットPC

となっており、海外旅行より国内旅行が上回ったのは日本だけ、
内向き志向が高くなっているようです。


他にも、10カ国中最低だったのは以下の項目。

・同世代の人より生活レベルが上になっている  25%
・収入に満足している  18%
・仕事に満足している  28%
・恋人、配偶者との関係に満足している 32%


日本は調査対象国の中ではシンガポールの次に豊かな国という
勝手な印象がありましたが、20歳代大卒者で見るとはたして
豊かなのか?と疑問を感じてしまいます。

カネとモノだけで幸せになれる時代ではありませんから、
ココロも大切にしないといけませんね。




     
人気記事   「日本の若者、病んでない?アジア10か国調査
       「いい保険ほど販売中止に、保険選びはしっかりと
       「すきま時間にネットで副収入、150万人
       「ボロボロの廃屋が取り壊されない理由とは
       「住宅ローン、審査が厳しくなり借りれなくなる?バーゼル規制強化
       「東京ディズニーリゾート、入場料値上げ
       「浜松市役所前の地下道工事、事業費1億4千万円
       「そんなことある?年収545万円でも借金1億円超
       「最低金利更新、なぜ住宅ローン金利が下がるのか
       「たばこを吸う?吸わない?その差は300万円
       「年金未納40%は誤解?払わないと大変なことに

保険の窓口 浜松 ほけんの窓口 浜松市 静岡 浜松市 保険ショップ
浜松・静岡で保険選び


ファイナンシャルプランナー FP-dai 中立な立場で住宅ローンの相談ができる・・・

「30年後も笑顔」を目指す、浜松市のファイナンシャルプランナー

2015年01月30日:Category ニュース

ページの先頭へ