住宅ローンお役立ち情報

すきま時間で副収入、ネット活用150万人

「すきまワーカー150万人
  主婦・シニアを切り札に
   2015年1月8日 日経新聞 1面」

 


ネット利用.jpg

インターネットやSNSの技術を通じて、就職や独立開業でなく
「すきま時間」を利用して働く人が増えているようです。


データ入力や録音データの文書化など単純なものから、広告やWEBの
デザイン、設計や開発など専門知識を生かした仕事もNETの仲介業者を
通じて発注されているそうで、ヤマハや伊藤忠商事などの大手企業も 利用しているようです。


総務省の労働力調査によると、主婦や高齢者などの非労働人口は
約4500万人いるそうです。


こうした人々がすきま時間を使い、専門知識を活用して働けば
人手不足時代に貴重な戦力に変わる、ということです。


こうした「すきまワーカー」は、仲介業者の推計で約150万人に 達するそうです。


育児や家事の合間のすきま時間を利用して月に10万円ほど稼ぐ主婦も
いるそうですが、ネットを使った「内職」だけにはとどまらないようです。

 



自分が勤めている会社で一生働き続けられるのか?


会社を頼ることも出来ないがいきなり独立するのもリスクが高い。


こう考える会社員などが夜間や休日を利用して独立のための腕を磨く
方法としてこうした仕組みを活用する人も増えているそうです。


人生をより充実したものにするために、戦略的にキャリアプランを
立てる方法も多様化し、身近なものになってきています。

一歩踏み出す勇気があれば、人生を変える方法はたくさんあるのかも
しれませんね。

 






     
人気記事   「日本の若者、病んでない?アジア10か国調査
       「いい保険ほど販売中止に、保険選びはしっかりと
       「すきま時間にネットで副収入、150万人
       「ボロボロの廃屋が取り壊されない理由とは
       「住宅ローン、審査が厳しくなり借りれなくなる?バーゼル規制強化
       「東京ディズニーリゾート、入場料値上げ
       「浜松市役所前の地下道工事、事業費1億4千万円
       「そんなことある?年収545万円でも借金1億円超
       「最低金利更新、なぜ住宅ローン金利が下がるのか
       「たばこを吸う?吸わない?その差は300万円
       「年金未納40%は誤解?払わないと大変なことに

保険の窓口 浜松 ほけんの窓口 浜松市 静岡 浜松市 保険ショップ
浜松・静岡で保険選び


ファイナンシャルプランナー FP-dai 中立な立場で住宅ローンの相談ができる・・・

「30年後も笑顔」を目指す、浜松市のファイナンシャルプランナー

2015年01月11日:Category ニュース

ページの先頭へ