住宅ローンお役立ち情報

いい保険ほど販売中止に、保険選びは複数社から

「貯蓄保険、販売停止相次ぐ
  明治安田や富国 低金利で運用難
   2015年1月11日 日経新聞1面」



家族3世帯.jpg

生命保険各社が貯蓄型の保険の販売を止めたり、保険料を引き上げたり
する動きが広まってきました。


長期金利が低下し、運用利回りを得にくくなってきたためです。


・明治安田生命が個人年金保険の取り扱い中止


・第一生命が養老保険の販売停止


・ソニー生命が養老保険、学資保険(一部)の販売停止


・日本生命が一時払終身保険の保険料値上げ(15年2月から)


金利が非常に低く魅力が少ない銀行預金に代わって保険が個人マネーの
受け皿となっていましたが、そんな貯蓄性保険にも金利低下の影響が
及んできたようです。



しかし、単純に増える・増えないの損得勘定以外にも、保険を
活用する意義というものはあります。


・万一亡くなった際、保障がある



・銀行預金と違い、ペイオフが無い(生命保険契約者保護機構の存在)


・相続税対策に活用できる


・受取人を指定することで、財産を残したい人に渡すことができる


・法人の場合、一部商品は税効果がある


・一部の会社には生きている限り受け取れる、終身年金がある



保険の本来の機能を理解して、目的を確認できれば、保険は人生に
おいて大変心強い味方となってくれます。


また、保険会社や保険商品、外貨運用の保険などしっかり探せば
魅力的な保険もまだまだあります。


信頼できるパートナーと、しっかりした保険選びができたらいいですね。






     
人気記事   「日本の若者、病んでない?アジア10か国調査
       「いい保険ほど販売中止に、保険選びはしっかりと
       「すきま時間にネットで副収入、150万人
       「ボロボロの廃屋が取り壊されない理由とは
       「住宅ローン、審査が厳しくなり借りれなくなる?バーゼル規制強化
       「東京ディズニーリゾート、入場料値上げ
       「浜松市役所前の地下道工事、事業費1億4千万円
       「そんなことある?年収545万円でも借金1億円超
       「最低金利更新、なぜ住宅ローン金利が下がるのか
       「たばこを吸う?吸わない?その差は300万円
       「年金未納40%は誤解?払わないと大変なことに

保険の窓口 浜松 ほけんの窓口 浜松市 静岡 浜松市 保険ショップ
浜松・静岡で保険選び


ファイナンシャルプランナー FP-dai 中立な立場で住宅ローンの相談ができる・・・

「30年後も笑顔」を目指す、浜松市のファイナンシャルプランナー

2015年01月11日:Category ニュースリスクマネジメント

ページの先頭へ