住宅ローンお役立ち情報

日本の人口21万人減少、地方で顕著

「40道府県で人口減
  青森・秋田、減少率1%超
  仕事求め都市へ流出
   2015年4月18日 日経新聞 5面」


総務省発表による2014年10月時点の人口推移では、前年に比べ
21万5千人少ない1億2700万人となったとのことです。

4年連続の減少で、ピーク時に比べ100万人少なくなりました。

勉強する子供.jpg
特に、地方の人口が減り続けているようです。

今回調査で人口が増えたのは、

 1.東京
 2.沖縄
 3.埼玉
 4.神奈川
 5.愛知
 6.千葉
 7.福岡

までとなっています。

沖縄を除けば、首都圏または地方でも主要都市という事になります。


逆に減少ワースト5は地方の地域となっています。

 43.和歌山
 44.山形
 45.高知
 46.青森
 47.秋田

考えてみれば当たり前のような気もしますが、地方の財政にとっては
死活問題です。


人口の減少では、子供の出生数から死亡者数を差し引く「自然増減」と
引っ越してきて移り住む人から転出する人を差し引く「社会増減」の
2種類があります。

自然増減は順調に?マイナスとなっていますが、昨年から社会増減は
わずかですがプラスとなっています。


日本が世界の人から見て暮らしてみたい国になり、実際に暮らしやすい国
となることも、重要のようです。

ちなみに静岡県は22位のマイナス0.47%。


いかにも中間的な、静岡らしい順位でしょうか(^^ゞ





     
人気記事   「日本の若者、病んでない?アジア10か国調査
       「いい保険ほど販売中止に、保険選びはしっかりと
       「すきま時間にネットで副収入、150万人
       「ボロボロの廃屋が取り壊されない理由とは
       「住宅ローン、審査が厳しくなり借りれなくなる?バーゼル規制強化
       「東京ディズニーリゾート、入場料値上げ
       「浜松市役所前の地下道工事、事業費1億4千万円
       「そんなことある?年収545万円でも借金1億円超
       「最低金利更新、なぜ住宅ローン金利が下がるのか
       「たばこを吸う?吸わない?その差は300万円
       「年金未納40%は誤解?払わないと大変なことに

保険の窓口 浜松 ほけんの窓口 浜松市 静岡 浜松市 保険ショップ
浜松・静岡で保険選び


ファイナンシャルプランナー FP-dai 中立な立場で住宅ローンの相談ができる・・・

「30年後も笑顔」を目指す、浜松市のファイナンシャルプランナー

2015年04月19日:Category ニュース

親子の絆、犬との間でも?

「犬と飼い主にも母子のような絆  
  麻布大などホルモン確認
   2015年4月17日 日経新聞 38面」


人間の母親と赤ちゃんが絆を深めるの同じ仕組みが、犬と飼い主の
間にも存在する・・・

こんな研究成果が発表されました。

麻布大や自治医科大などのチームの研究です。


人の親子や恋人同士が触れ合うと、「オキシトシン」というホルモンの
分泌量が増えるそうです。

これは、安らぎや信頼感などをもたらすホルモンとされています。

犬チワワ.jpg

犬が飼い主を見つめ、飼い主がそれに応じると、このホルモンの 分泌量が増えたとのこと。 他の動物でも母子間であれば同様の仕組みは見つかっているそうですが
人と犬という異種間で確認されたのは初めてだそうです。

犬と近縁のオオカミで同様の実験をした結果は、飼い主をあまり
見つめず、オキシトシンの量にも変化がなかったとのこと。


犬がいる暮らし、というのはいいものですね。





     
人気記事   「日本の若者、病んでない?アジア10か国調査
       「いい保険ほど販売中止に、保険選びはしっかりと
       「すきま時間にネットで副収入、150万人
       「ボロボロの廃屋が取り壊されない理由とは
       「住宅ローン、審査が厳しくなり借りれなくなる?バーゼル規制強化
       「東京ディズニーリゾート、入場料値上げ
       「浜松市役所前の地下道工事、事業費1億4千万円
       「そんなことある?年収545万円でも借金1億円超
       「最低金利更新、なぜ住宅ローン金利が下がるのか
       「たばこを吸う?吸わない?その差は300万円
       「年金未納40%は誤解?払わないと大変なことに

保険の窓口 浜松 ほけんの窓口 浜松市 静岡 浜松市 保険ショップ
浜松・静岡で保険選び


ファイナンシャルプランナー FP-dai 中立な立場で住宅ローンの相談ができる・・・

「30年後も笑顔」を目指す、浜松市のファイナンシャルプランナー

2015年04月19日:Category ニュース

持ち家を老後生活費に変えるリバースモーゲージの注意点

「家担保 老後ローン急増
  金利・地価変動リスクも
   2015年4月15日 日経新聞 19面」


自宅を担保にして老後資金を借りる「リバースモーゲージ」という
ローンの利用者が増えているそうです。


住宅を担保にお金を借りるのですが、生きている間は返済が無い
という事が最大の特徴です。

亡くなった後、遺族が手続により担保不動産を売却し、その代金で
一括返済する仕組みです。

子供がいない夫婦や、いても別に住宅を所有しており不動産として
承継する必要性が低い場合などは、いい選択肢と言えるでしょう。

老夫婦.jpg

いいことばかりのように思えるローンですが、長期的には注意点も
多くあります。


一つは、想定以上に長生きすることです。

元気で長生きであれば、それは幸せなことですが、必要な生活費も
合わせて増加していきます。

借入を重ねると早い時期に限度額に達してしまう可能性もあります。


二つ目は地価が大幅に下落するリスクです。

「借入の限度額は土地評価額の50%」などという条件が多く、
限度額目いっぱい借りていて評価額が下がってしまうと、
担保割れ部分の返済を迫られる可能性もあります。


三つ目は金利上昇リスクです。

変動金利であることが一般的なリバースモーゲージですが、
現在の金利水準が上がれば利息負担も当然重くなります。

利息も含めて死後に清算する方式と、生前に毎月支払いを
求められる方式があります。


四つ目は配偶者に対する配慮です。

主債務者(多くの場合お父さん)が亡くなった後、配偶者が
そのまま契約を引き継げるかどうかも契約の際しっかり確認
しなければなりません。

配偶者を連帯債務者としたり、不動産を信託して配偶者を
受益者とするなど、金融機関によって対応も異なります。

1介護.jpg

住宅を活用して老後資金を確保するのには、リバースモーゲージ
以外にも方法はあります。

大きな家が必要ないのであれば、売却して暮らしやすい広さの
マンションなどを購入するのも一つでしょう。

賃貸住宅という選択もありますし、場合によっては介護サービス付き
の施設という可能性もあります。


いずれの方法を選択しようとしても、基本は不動産の評価額が
重要になります。


生涯の安心のために家を買おう、と思われるのであれば、
将来の資産価値が見込める土地を選んだり、評価の下がりづらい
性能の住宅を建てたり、メンテナンスをしっかりしたり
といったことにも気を付けたいですね。





     
人気記事   「日本の若者、病んでない?アジア10か国調査
       「いい保険ほど販売中止に、保険選びはしっかりと
       「すきま時間にネットで副収入、150万人
       「ボロボロの廃屋が取り壊されない理由とは
       「住宅ローン、審査が厳しくなり借りれなくなる?バーゼル規制強化
       「東京ディズニーリゾート、入場料値上げ
       「浜松市役所前の地下道工事、事業費1億4千万円
       「そんなことある?年収545万円でも借金1億円超
       「最低金利更新、なぜ住宅ローン金利が下がるのか
       「たばこを吸う?吸わない?その差は300万円
       「年金未納40%は誤解?払わないと大変なことに

保険の窓口 浜松 ほけんの窓口 浜松市 静岡 浜松市 保険ショップ
浜松・静岡で保険選び


ファイナンシャルプランナー FP-dai 中立な立場で住宅ローンの相談ができる・・・

「30年後も笑顔」を目指す、浜松市のファイナンシャルプランナー

2015年04月16日:Category ニュースリスクマネジメント

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページの先頭へ