_JLSC Voice 新規借入・住宅購入のケース
専門家のアドバイスに中立性と誠実さを感じました。
蒲郡市 / Tさま

 ■今回はセミナーにご参加いただいた後のご相談でしたが、セミナーの  

内容で印象深かった部分は?

「住宅ローンをどう組むか」ではなく「住宅ローンとは何か」というところから学ぶことができました。

基本から知ることの意味は大きかったです。初めに驚いたのは、住宅ローンを誰に相談するか

というアンケート結果で、専門家の割合が極端に低かったことです。

その事実をファイナンシャルプランナーの方ご自身が正直に説明されているところに中立性と

誠実さを感じました。

 

■住宅購入の資金計画について、特に心配だった事は?

 

家を立てようと考え始めた年齢が高いことから、退職までにどのように支払うのか気になって

いました。また、子どもの教育資金との兼ね合いも不安材料でした。さらには、ローンを払う

ことで自分たち夫婦の老後がやっていけるのか大変心配でした。

■家計の状況を相談することに抵抗はありませんでしたか?

 

  正直ありました。しかし、正確な情報を話さないと正確な回答がないのですから、十分納得

できました。今回のことをきっかけにして我が家の資金のやりくりを考えることもできました。

■サービスを利用して、どのように感じましたか?

 

 住宅ローンの組み方は千差万別だとわかりました。

その中から、自分の家に合ったローンを見つけることが大切だと知ることができ、大きな

借金を抱えることに対して背中を押していただいたと思っています。

住宅ローンサポートセンター 豊橋

ページの先頭へ